ブログ記事

「趣味を仕事にしない方が良い」本当の理由

好きなことを仕事にしたいと考える人はたくさんいます、それは人は本能的に楽な方に流されるからですが、趣味を仕事にすることには覚悟とリスクが必要です

この記事では、なぜ「趣味を仕事にしない方が良い」のかについて説明をする記事です。

また、ここでは「趣味」とは「好きなこと」という定義で説明をしていきます。

仕事とは他人のための行動

趣味を仕事にしない理由を語る前に、まずは「仕事」とは何か?について説明します。

一般的に「仕事」とは、自分の時間を使って特定の作業に従事することで対価としてお金を貰う行為です。

そしてそんな「仕事」を楽しいという人は少ないでしょう。
その理由は、仕事が「他人のために自分の時間を使う」ことだからです。

見ず知らずのお客様や雇用主のために自分の時間を使っていることが「仕事」なのですが、そんな「仕事」が楽しいわけないのです。

友達と遊んだり、「趣味」など自分のために自分の時間を使ったほうが楽しいのです。

そんなただでさえ楽しくない「仕事」なのだから、楽しく感じる「趣味」を「仕事」にしようとする人がたくさんいるのも頷けます。

しかし、趣味を仕事にするリスクについて理解していないとその「趣味」そのものを楽しめなくなる可能性について解説していきます。

※「仕事が趣味」という人も一定数いますが、それは仕事を続けた結果論であり
今回はそもそもなぜ「趣味を仕事にしない方がいい」理由についての記事なのでここでは触れません

仕事は他人ファースト、趣味は自分ファースト

さきほど、仕事は楽しくないことだと説明をしました。
ここでは、「趣味を仕事にしない方が良い」理由を説明する前に「仕事」と「趣味」がどう違うのかについて説明します。

まずは、「仕事」とは?

「仕事」はお客様や雇用主など、お金を払ってくれる人のために時間を使うことです。

次に、「趣味」とは?

「趣味」は自分のために自分の時間を使うことです。

言い換えると、「仕事」は他人ファースト(第一)、「趣味」は自分ファースト(第一)ということになります。

ここで私が体験した「他人ファースト、自分ファースト」の例を紹介しようと思います。

私はwebデザイナーとして活動したことがあり、そのときのデザイナーの先輩が「デザイナーはお客さんの要望を形にするのが仕事で、自分の好きなようにデザインをするのはアーティストだ」と言っていました。

それを聞いて、お客さんの言う通りにデザインせず、自分が得意なデザインで提案をしていた私がやっていたのは「アーティスト」だと気がつき、自分の好き勝手なデザインはできないんだと「デザイナー」を辞めるきっかけになりました。

その時の先輩が言っていた「デザイナー」は「仕事」であり、「アーティスト」とは「趣味」ということなのだと思います。

要するに、仕事として食っていきたければ好き勝手にできる「趣味」の部分を切り捨て、自分を押し殺す覚悟が「仕事」には必要なのです。

これが「仕事」と「趣味」の違いとなります。

「趣味を仕事にする」と趣味が楽しくなくなる

ここまでで「仕事」と「趣味」について以下のように説明をしてきました。

  • 仕事は他人のために行動することで楽しくない
  • 趣味は自分のために行動するので楽しい
  • 仕事は好き勝手にやってはいけない
  • 趣味は好き勝手にやっていい

ここでは実際に「趣味を仕事にする」と趣味が楽しくなくなるということについてお話をしていきます。

まず、前述した通り仕事とは楽しくないことです。
そして「仕事」とは私情を捨て結果を出すことを求められる「辛く、苦しい」ことです。

そのため、趣味を仕事にしようとすると楽しかったはずの趣味自体が楽しくなくなる可能性があります。

これを裏付け理由として、プロ野球選手だったイチロー元選手の言葉を引用したいと思います。

イチロー元選手曰く「野球が楽しかったのは活躍しだす1994年まで」と言っており、活躍し出してからは結果を求められるようになって苦しくなり野球が楽しくなくなったと言っています。

これは、雇用主である球団やファンの人たちの為結果を求められるようになり、好きでやっていた事(趣味)が「仕事」になった瞬間であると考えます。

さらに、こうも述べています。
「また楽しい野球をするにはプロ野球でそれなりに苦しんだ人間でないと、草野球を楽しむことはできないのではないか」

この言葉から、中途半端に趣味を仕事にしようとすると趣味が楽しくない状態のままになってしまうという事だと思います。

イチロー元選手の発言から、好きなこと(趣味)を仕事にするのであればそれなりの覚悟が必要だということがわかります。

そして、「趣味を仕事にする」と趣味が楽しくなくなる可能性があることもあります。

こればかりは、私が「趣味を仕事」にできているわけではないのでわかりませんが、趣味を仕事にし活動しているとどこかのタイミングかで「もういいや」と思うのかもしれません。

今回引用したイチロー元選手の発言は以下リンク先で確認することができます。

競争から「焦り」本来の力が出せない

趣味を仕事にしようとすると覚悟が必要だと書いてきました。
ここでは、そもそも「趣味を仕事にする」ことは難しいということについて書いていきます。

まず、仕事にも趣味を仕事にしようとしても「結果」が求められます。

イチロー元選手も高校生で「結果」を出しているためプロ野球選手になっています。
趣味を仕事にしようとしても「結果」が必要で、趣味を仕事にしても「結果」を求められます。

そして、趣味を仕事にしようと思うと同じように趣味を仕事にしようとする人たちと争うことになります。
そこには競争があるのです。

「俺は誰にも負けない」という自信があれば良いのですが、趣味を仕事にできる人はほんの一握りという事実から、多くの人は「結果」を出せず途中で辞めてしまい、中にはその「趣味」が楽しめなくなってしまう人もいるのです。

人には自分のペースというものがあり、無理に他人に合わせて焦った状態で上手く行くはずがありません。

これが、趣味を仕事にすることが難しい理由です。

趣味を仕事にした方がいい

ここまで、趣味を仕事にしない方が良いという視点で書いてきましたが、私個人としては趣味を仕事にできるのであればすべきだと考えています。

その理由としては、お金を貰ってスキルが磨けるからです。

私自身プログラマーとして生活をしていますが、会社に入る前までは素人に毛が生えたようなレベルでした。
そんな中、年数を重ねるうちに少しづつできることが増え、今ではブログを作ったり、調べれば大体のことはできるという自信がつくほどになりました。

私の場合、プログラミング自体は嫌いだし仕事自体は薄給でしたが「お金を貰いながら勉強している」と考えていたので感謝こそすれど不満は少なかったです。

もし、私の「趣味」がプログラミングだったとしたら「お金も貰えて楽しくて最高じゃん!」と思ったと思うので、趣味を仕事にできるのであればした方が良いかと思います。

そして、ここまで「仕事を趣味にしない方が良い」と説明をしてきた本当の理由としては、「楽そうだから」という安易な理由に対して「仕事」はそんなに甘くないんだぞ!という警鐘の意味があります。

巷に溢れる「仕事を趣味にしない方が良い」というのは「趣味」と「仕事」にはギャップがあるということを伝えるための方便だと私は考えています。

ですので、この記事を読んでそういったギャップがあることを理解したのであれば、問題ないかと思います。
趣味を仕事にできるのであればどんどんしていくべきです。

まとめ

「趣味」は自分の好きなようにできるが、「仕事」はお金をくれる人のために行うので好き勝手にはできないため楽しくないと感じこともある。

「趣味を仕事にしない方が良い」という言葉は、「趣味」と「仕事」は違うことを警鐘するための方便であり、趣味を仕事にできるのであればスキルが磨けてお金を貰えて楽しいのだからどんどんしていくべきだ。

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。