ブログ記事

努力とは

努力とは何か?どうすれば努力ができるのか?といったことに悩んでいる人向けの記事です

努力とは何か?

努力とは「問題を解決するための行動」を指します。

もう少し具体的に言うのであれば、
努力とは、何か目標があって躓いた時や壁に当たった時にそれを乗り越えるための行動自体が努力であると言えます。

例えば、英語を喋れるようになりたいけど日本だと喋れるようになることが難しい
だから、海外に一年間留学する
と言ったように、英語を喋れない問題解決をするために海外に行くという問題解決の行動を「努力」といいます

「努力をすること」は難しい

そもそも、努力をすることは難しいです。

なぜなら、努力とは目標や目的を達成するための問題解決をする行動であり、それはとても「面倒くさい」ことだからです。

例えば、お金がないと困っているとしましょう。
「どうすればお金をたくさん手に入れられるか」
それを考えること自体がもう面倒くさいのです。

だから人はギャンブルや宝くじなど何も考えなくても一攫千金できることに集まるのです。

もし、みんなが努力をできるとしたら世の中お金に困る人はいないし、望みが叶わない人なんていないですからね。

なので、努力をすることは難しいのです。

どのようにすれば努力ができるようになるのか

まずは「目標」が必要になります。
そして、その「目標」を続ける「理由(前に進む為のエネルギー)」が必要です。

というのも、行動する「理由(エネルギー)」が無い、または弱いと「問題」と対面した際に面倒くさくて辞めてしまうからです。

例えば「英語を話せるようになる」という「目標」を掲げたとしましょう。
その目標を達成するには「理由(エネルギー)」が必要なので、「海外映画を字幕なしで見るため」という「理由」を設定したとします。

しかし、英語が全く聞き取れないし、何がわからないかわからないという「問題」が発生したとします。
ここで諦めそうになった場合は「理由(エネルギー)」が弱いので「理由」を強める必要があります。

改善策として、英語しか通じない環境に身をおきます。
そうすると「生活するためには英語を使えないといけない」と「理由(エネルギー)」が強まります。

そうすると「理由(エネルギー)」が「問題」より強くなり英語の勉強が続きます。

日本だと英語が必要ないので「理由」が弱いのですが、英語しか通じない環境だと必要性が増し「理由」が強まるので続けられるという事です。

極端な話、続けなければ「死ぬ」ような環境に身をおいて続ける「理由(エネルギー)」を強くすることが「努力」をする上で重要なのです。

努力できないのは当たり前

「努力」は面倒くさいことで、人間は楽な方に流される生き物です。

なので、多くの人が努力ができないのは当たり前です。

そして「努力」をするためには「才能」が必要です。

例えば、サッカーが嫌いなのにサッカーはしませんし、勉強が嫌いだったら勉強はしません。

このように「努力」ができる人はサッカーを好きでやっているし、勉強が好きだから「努力」ができるのです。

要するに「才能」があり「好き」だから「努力」ができるのです。
なので、「努力」とは「才能」があってこそなのです。

しかし、「才能」がなくても努力をすることは可能です。

それは「環境」を変えることで努力をすることができます。

例えば、サッカーが嫌いだけどサッカーで「努力」をしたいなら、サッカー部に入れば毎日サッカーができるので「努力」せざるを得なくなるでしょう。

また、勉強が嫌いだけど勉強を「努力」したいならスマホを置いて朝昼晩勉強以外やることが無い環境に身をおけば「努力」せざるを得ないから「努力」できるでしょう。

このように「環境」を変えることで自分に「努力」をさせることはできます。

しかし、これらを踏まえても努力をすることは難しいのです。

なぜなら、面倒くさいから
なので、「努力」ができないのは当たり前なのです。

努力ができない理由
勉強ができないや続けられないという悩みなぜできないのかについて説明します。 人間は「理由」がないと努力することはできない 人間...

まとめ

努力は「目標(目的)」を達成するための「問題を解決する行動」で、続けるためには「理由(エネルギー)」が必要、そして努力は「面倒くさい」ことである。

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。