ブログ記事

人生とは

「人生とは」と考えるときがある。
なぜ「人生とは」と考えるのか?そしてその悩みの解決方法について説明する

「人生とは」と考える理由

そもそもなぜ「人生」とは?などと考えるのだろうか

それは「今」を生きている中「このままでいいのか」と不安になるからだ

人生という限りある時間の中、意味や価値のあることをやっていないと認識しているからそのように考える

例えば、夢中になってサッカーをしている人が「人生とは」なんて考えない
なぜなら目の前に熱中できることがあるからだ

「人生とは」と考える人は「熱」を持って生きていない人であるともいえる

そして「熱」をもってできることがないことを悪い事だと捉え、不安になり「人生とは」などと考えるのだ

「人生とは」という悩みには2種類の悩みが混在している

「人生とは」という悩みはふと出てきても中々解決しない悩みだ
それは、「人生とは」という悩みには2つの悩みが混在しているためだ

  • このままの人生でいいのか(過去)
  • どう生きれば後悔しないのか(未来)

この2つ(過去・未来)の視点で「人生とは」と悩むから悩みが解決しないのだ
そして、悩むべきは「どう生きれば後悔しないのか(未来)」だ

なぜなら、
「このままの人生でいいのか(過去)」という悩みは、自分の歩んできた人生(過去)を他人の人生と比較して、劣っていると感じた時に悩んだりする

例えば、幸せアピールをする人に接したときに「自分の人生はなんだったんだ」と劣等感で悩む

しかし、これはいくら悩んでも答えはでない
なぜなら、過去だからだ
過去は変えることはできない

だから、悩むべきは「どう生きれば後悔しないのか」という「未来」なのだ

悩むべきはどう生きれば「後悔」しないのか

「人生とは」と悩んだ時の解決方法は、この先の未来を「どのように生きれば後悔」しないのかである

具体的にどうすればいいのか?
それは、「熱」を持つことができる(熱中できる)ものを探すことだ

なぜなら、一度きりしかない人生を「このままでいいのか?」と不安になるから「人生とは」などと悩む
だから、悩まなくても良いように「熱」を持つことができるものを探せば解決をするのだ

しかし、全ての人が「熱」を持てるものを探すのは難しい
それは「才能(好き)」が絡んでくる話だからだ

「才能(好き)」があるものを持っていれば、それをすることで容易に「熱」を持つことができるだろう

絵を描くのが好きであれば絵を描けばいい
本を読むのが好きであれば本を読めばいい
友達と遊ぶのが好きであれば友達と遊べばいい

もし「才能(好き)」がなければ「環境」を変えるといいだろう

仕事に「熱」を持てなければ転職をすればいい
家庭に「熱」を持てないのであれば離婚をすればいい
日本に「熱」を持てないのであれば海外に移住すればいい

何に「熱」を持つかはその人が決めるものだが、「才能(好き)」がなければ「環境」を変えることで何か「熱」の持てるものを見つけることができ「後悔」しない人生が送れるだろう

努力ができない理由
勉強ができないや続けられないという悩みなぜできないのかについて説明します。 人間は「理由」がないと努力することはできない 人間...

まとめ

「人生とは」と悩む理由は、一度きりの人生で「今」という時間に「熱」をもっていないことに対する罪悪感で、それを解決するには「熱」を持ってできることを探すことだ

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。