ブログ記事

才能とは

才能とは何か?

才能とは、物心がつく前から身についている能力の事を指し、親からの遺伝や生まれ育った環境に多くの影響を受けます。

わかりやすい例で言うと、「イケメン・美女」や「身長」など遺伝で自分達ではどうしようもないものは「才能」です。

わかりにくい例で言うと、幼少期からの習い事等の英才教育や礼儀作法など親からの投資も「才能」に当たります。

これらをなぜ「才能」と呼ぶのか?
それは「才能」の正体が「優越感」だからです。

たとえば、
「イケメンや美女」は周りの人と比べてモテるので「優越感」を感じます。
幼少期から習い事や英才教育を受けていれば一般的な子供より優秀で多才になるので「優越感」を感じるでしょう。

このように他人と比べた時に「優越感」を感じるモノを「才能」と言います。

才能ある所に「好き」という感情がある

先ほど、「才能=優越感を感じるモノ」と説明しました。
もう少し嚙み砕いて説明をしようと思います。

「才能」があり「優越感」を感じるとその「才能」があるモノを「好き」になります。

例えば、サッカーを「好き」、絵を描くのが「好き」という人はサッカーが上手いし絵も上手い人が多いいです。

逆に、サッカーが「嫌い」、絵を描くのが「嫌い」という人はサッカーが下手だし絵も下手であることが多いいでしょう。

要は、「才能」がなく「優越感」を感じることができると「好き」になり、「優越感」を感じることができないと「嫌い」になるのです。

このように、何かに対して「好き」という感情が湧く場合、そこに「才能」があり「優越感」がある場合が多いいかと思います。

才能は誰にでもある

「才能」がない人は基本的にいません。
なぜなら「才能」とは人と比べて「優越感」を感じられるモノであり、どんな人にも周りと比べて優れているモノはあるのです。

そして、「才能」は「環境」によって変わってきます。

例えば、
身長2mのバスケットボール選手と身長2mのプログラマーがわかりやすいでしょう。

バスケットボールにおいては2mの身長は「才能」ですが、プログラマーにおいて2mの身長は「才能」ではないです、むしろ邪魔になるでしょう。

このように「才能」は使う「環境」によって変わってきます。

なので、色々な「環境」で自分の「才能」を確認していけば誰にも「才能」はある
ということで、「才能」がない人はいないと説明しました。

かく言う私にも「才能」はあります。
それは、体力測定という「環境」での上体起こしが私の「才能」です。

しかし、体力測定という「環境」がなければ私がその「才能」を知ることはなかったでしょう。

だから、色々な「環境」を経験して「才能」を探してみることをお勧めします。

才能の作り方

「才能」は「努力」をすることで作ることもできます。
「努力」は以下のリンクを参照下さい

努力とは
努力とは何か?どうすれば努力ができるのか?といったことに悩んでいる人向けの記事です 努力とは何か? 努力とは「問題を解決するた...

ではなぜ、「努力」をすると「才能」が作れるか?
それは、「才能」が「好き」という感情であり「優越感」なので「努力」をして周りと差をつけることで「優越感」を感じることができるようになるからです。

例えば、
仕事などで「努力」をすることでトップセールスマンになれたとします。
そうすると、周りより優秀なので「優越感」を感じることができ、その仕事を「好き」になるでしょう。

そしてその時点でそれは「才能」なのです。
なぜなら、「才能」とは「好き」という感情であり「優越感」なのだから。

しかし、現実「才能」を作れる人は少ないと思います。

先ほど挙げたトップセールスマンになるのも、少なからず容姿や喋り方と言った「才能」を持っている人が多かったりします。

完全に「才能」がない状態というのは、サッカーを「嫌い」な人が自主的にサッカーをするようなことなのです。
この状態でサッカーを自分にさせるにはサッカーをしないと「死ぬ」ような「環境」に身をおく以外ないでしょう。

まとめ

「才能」とは「好き」という感情であり「優越感」を感じるものであり、「才能」は誰にでもあり「環境」によって「才能」は変わってくる。

そして、「才能」は誰にでも作ることはできるが「努力」が必要。

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。