ブログ記事

悪口を言われてなぜ傷つくのか?その理由と対処方法についてご紹介!

陰口や悪口を言われたりする時に傷つくことがあります、しかしなぜ傷つくのでしょうか?実はこういった理由から傷ついているのかもしれません。

本当の事だから傷つく

人は相手の悪口をいう時に相手が一番傷つく言葉を知っています。

それは、相手が一番気にしていそうな本当の事です。

その言葉を悪意を持って相手に投げかけるのですから、傷つくのは当然なのです。

しかし、なぜ本当の事を言われて傷つくのでしょうか?
本当の事なのだから傷つく必要はないのではないでしょうか?

例えば、仕事をができない「無能」だとわかっているのに「お前無能だな」と言われて、なぜ「うん、知ってる」と片付けられないのでしょうか?

それは、自分自身が「無能」であることを「悪いこと」だと考えているからです。

仕事ができないことを悪いことだと考えていて、改めて悪意を持って悪口として言われるから傷つくのです。

つまり、悪口で傷つくのは本当の事で自分でも悪いと思っていることを悪意を持って言われるからなのです。

では、次にその対処方法について考えていきたいと思います。

悪口で傷つかない方法

どのようにすれば、悪口で傷つかないのか?
その対処方法として3つほどあります。

  • 悪口と向き合い努力をし改善する
  • 環境を変える
  • 自問自答をする

順番に解説をしていきます。

悪口と向き合い努力をし改善する

先ほど解説しましたが、悪口とは本当のことであり自分でもうすうす悪いと気づいていることです。

つまり、その悪口と向き合い改善をすればいいのです。

無能と言われたのであれば仕事ができるようになればいいのです。
容姿について悪口を言われたのであれば容姿を磨けばいいのです。

悪口の原因を直せば、悪口も言われなくなるでしょう。

しかし、1行2行の文章で片付けることができないのが悪口というモノです。
そんなに簡単に改善できるくらいであれば、世の中から悪口はなくなるでしょう。

もし、その改善のための努力が難しいのであれば次の方法を試してみてください。

環境を変える

悪口を言われるような環境で努力をしようとしても、その努力すら陰口や悪口を言われ妨害されるのでその時は「環境」を変えてみてください。

会社で無能だと言われるのであれば、別の会社に行って悪口を言われないように努力をすればいいのです。
容姿について悪口を言われのであれば、日本ではない別の国にいけばいいのです。

逃げることを悪いことだと思うかもしれませんが、他人を変えることは相当な労力が必要です。
サッカーを嫌いな子にサッカーをさせることは難しいのです。
自分の事を嫌いな人間に自分を好きにさせるのは難しいのです。

もし、本当に他人を変えようと思うと洗脳や催眠の類が必要でしょう。

なので、自分が変わる方が早いのです。
ぜひ、環境を変えてみてください。

どうしても環境を変えられないのであれば次の方法を試してみてください。

自問自答をする

悪口を言われて傷つく原因は「自分でもうすうす感じている本当のこと」と自分の中にありました。
努力ができない、環境を変えることができない理由も同じように自分の中にあります。

自分を変える為の方法は外にはありません、自分の中にあるのです。
なので、自問自答をしてみてください。

なぜ、努力をできないのか?
なぜ、環境を変えられないのか?

すぐに出てくることはないでしょう、しかし答えは自分の中にあるので根気強く考えてみてください。

自問自答して出てくる答えは意外とくだらないことだったりするかもしれません。

最後にスピリチュアルな方向に行ってしまいましたが、自問自答をせずとも誰かに相談することで気づくこともあるので相談もオススメです。

終わりに

悪口で傷つく理由は、本当の事であり本人も薄々と感じている悪いことで、悪意を持って言われるため傷つく

対処方法としては、「努力をして改善する」「環境を変える」「自問自答をする」ことで対処することができる。

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。