勉強

英語日記メモ【142】

2020/11/16

Twitter用

I realized that sleep is a importance lately.
I have taken a good sleep, so I’m full of energy today.
しっかり睡眠を取ることの重要性を知ったので、昨日しっかり休んだから今日は元気いっぱい

重要性

名詞表現の「重要」って表現でimportantだと思っていたら

importanceの品詞は名詞で重要性と訳し
importantの品詞は形容詞で重要なと訳します

だって
importanceが形容詞表現で「重要性」って表現になるみたいね
知らなかった

realize that節

thatの後ろってS+Vが来るイメージがあって

I realized that a importance of sleep.

だとおかしいのかな?って思った

するなら

I realized that sleep is a important.
I realized that sleep is a essential.

って感じかな?

Importance of sleep. Sleep is essential for a person’s health and wellbeing.

参考にした英文でessential使ってたけど
「欠けてしまったらそれがそれでなくなってしまう」という根本的・本質的な重要性を指す意味で用いられます。
っていう意味の重要性って表現みたいね

wellbeing「幸福(な状態)、健康(な状態)」って意味

元気いっぱい

full of energyって表現で「元気いっぱい」って表現することができるみたい
so energetic!って形容詞表現のenergeticを使うこともあるみたいね

full of beans「豆いっぱい」を「元気いっぱい」って表現で使ったりすることもあるみたい
また、full of beansで「間違っている」って表現もあってややこしいからenergyを使ったほうがいいかも

She always smiles and is full of beans.
彼女はいつも笑顔で元気いっぱいなんだ

接続詞andの後ろの表現が主語一緒の時に、主語を省略するの僕はするんだけどあまり見かけることがないのでメモ

ぶっちゃけお金に関してはそこまで重要でなくて

Honestly, salary is not so important for me.
正直なところ、給料は私にとってそれほど重要ではありません。

ぶっちゃけ

正直って表現でI honest thatってI hope thatみたいな表現をするのかなぁって思ったりしてたけど、honestって形容詞だね
で、honestlyって副詞の表現を使って「正直なところ」って表現するの多かったわ

I honestly love you「正直にあなたを愛している」って感じで使ってるね

正直って確かに動詞じゃねぇよなぁ…

そこまで~じゃない

否定文内でveryとかsoみたいな単語を使うと「とても」の逆で「そこまでじゃない」ってニュアンスを出せたよなぁって思ったので備忘録

あ、not~muchやmanyの表現って部分否定って表現で「あまり~ない」「それほど~というわけではない」って意味になるみたいね
普通の否定文やnot any(=no)なんかは全否定(ぜんぜん~ない)になるみたいね

あれ?じゃあveryとかsoとかって部分否定じゃないのかな?って思ったら
not veryで「あまり〜でない」って部分否定は表現できるわ
not ~ at allで「全く~でない」って全否定だね

否定文で
No, not much that.「そこまでじゃないよ」
って表現や
not ~ far「そこまでじゃない」
って幅広いわ

1時間半
今日はリハビリ、なんだけどもっとスピードを上げたいんだよなぁ…
どうすればいいんだろう…調べ始めると時間がかかるんだよなぁ…