web関連

【git】プルリクエストの流れ(bitbucket)

2021/04/30

案件で組み上げが完了したらプルリクエストをしてくださいと言われたので調べた時の備忘録

プルリクエストの流れ

プルリクエストとは、ローカル環境で編集したものをリモートリポジトリにアップロードして、他者にコードレビューとかマージをお願いする行為

流れ

ワーキングツリー = 自分のPC内のディレクトリで編集

git addでステージングエリア(インデックス)に登録

git commitでローカルリポジトリにコミット

git pushでリモートリポジトリ = githubとかbitbucketのようなソースコード管理ツール
にアップロード

bitbucket上でプルリクエストを出す(ブラウザ上で作業)

リモートリポジトリをcloneしてきて作業をした場合の流れ

ワーキングツリーでの変更をステージングに追加する

git add .

で変更のあった全てのファイルをステージングエリア(インデックス)に追加

個別に追加したい場合は

git add index.html

を使ってファイルやディレクトリごとに追加

追加されたどうかを確認をする方法としては

git status

短く表示したい時は

git status -s

無事追加されていればファイルは緑色で表示される
追加されてなければ赤色で表示される

git addで追加したものを削除するには

git reset HEAD
git reset --mixed HEAD

どっちか

ローカルリポジトリにコミットする

git commit -m "message"

でコミットできる

この段階でgit statusをするとファイルは表示されず以下のように表示される

$ git status
On branch main
Your branch is ahead of 'origin/main' by 1 commit.
  (use "git push" to publish your local commits)

nothing to commit, working tree clean

コミット内容を見たいときは

git log -p

終了はqを押す

コミットを削除する方法

↓直前のコミットを削除

git reset --soft HEAD^

↓特定のコミットを削除(コミットのハッシュ値指定)、git log -pでコミットのハッシュ値は確認できる

git reset --soft 0f692f…って感じの数英の羅列

削除するとgit log -pで確認できなくなる

ローカルリポジトリからリモートリポジトリにpush

コミットが終わったらリモートリポジトリに追加する

git push origin master

リモートリポジトリのmasterブランチ(初期ブランチ)にpushされる

念のためにpush先のリモートリポジトリ先を確認する方法↓

git remote -v

pushした後はbitbucket上でプルリクエストを出してお終い

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。