web関連

【git】ローカルでdevelop→masterへマージをする方法

ローカル環境でdevelopブランチをmasterブランチにマージをしようとしたときの備忘録

ローカル環境でブランチをマージする方法

※今回はdevelopブランチをmasterブランチに上書きしたい場合を想定

git addgit commitをした後にdevelopブランチからmasterブランチに移動してから以下のコマンド

// ↓ masterブランチで実行
git merge develop

これでdevelopブランチの内容がmasterブランチに上書きされる
がしかし、両ブランチのコードが競合したりするのでその差分を削除する必要がある
「vscode」を使っていると「どっちのソースコードを残す?」って感じでファイルごとに選択できるんだけど、他のエディターだとgit diff master developを使ってgitのエディターで作業をする必要があるのかも(よくわからないけどメモ)

あ、マージしたら勝手にマージ元(developブランチ)消えると思ってたけど消えないね

git commitすると「(master|MERGING)」の表記が消える

マージし終わった後に(master|MERGING)って表記されてなんだろう?って思ったけどコミットしたら消えた

マージをした後の差分チェック

addしてcommitしてからじゃないとdiffでの差分チェックができなかった

▼ローカルmasterとローカルdevelopの差分チェック

git diff master develop

▼ローカルmasterとリモートdevelopの差分チェック

git diff master origin/develop

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。