勉強

【第2回】フィリピン留学16日目

2020/02/10

2020/02/11

三単現

each student has a book.

each student(各生徒)はsingular(単数形)だからhaveじゃなくてhasになるって

三人称単数現在って聞くけどいまいち理解してないや

I、we、you以外の
heやshe、they、itが三人称
で、上記以外のstudentとかの名詞で単数形
と時制が現在の時に動詞に「s」をつける

複数形の時は名詞に「s」をつける

実際の会話の中で三単現を意識すんの無理

 

名前を教えてくれたら

先生に教えてもらった

give me the name of ~?
tell me the name of ~?
name me ~?

enumerate(数え上げる、列挙する)v.が似た意味だとよ

こんな感じで使う

name me (give me the name of) five animals, please.
the names of five animals are mouse, … and sheep.

 

~より~を好む

先生に教えてもらった、受験勉強の参考書で見たなー

prefer A to B
BよりAを好む

preferの使い方

which do you prefer A or B?
どっちが好み?

使い方ってか並びが似てたのでメモ

 

発音でいくつか注意されたのでメモ

robe(長くてゆるやかな部屋着)
最後のeは発音しない

whichの発音の最初は
「f」じゃなくて「w」

whichをフィッチって発音してた自分への戒め

life – lives
knife – knives
feat – foot
sheep – sheep
fish – fish
mouse – mice
child – children
person – people
shrimp – shrimp(えび)

先生に教えてもらった
Irregular Plural Nouns—Learn Patterns to Help You Remember the Tricky Ones

複数形がsつけるだけじゃないやつら

 

酸味がある

酸味があるって表現でacidityを使ったんだけど名詞表現で文章に会わなかったしもっといい表現を教えてもらったのでメモ
acid(酸味)adj.

sour:酸味がある(名詞はsourness)

ほんのり苦味の効いた酸味って英語でなんて言うの?

日本のオレンジジュースはsourが効いてるって言おうっと

 

仮定法のやつ

ありえない仮定の話をするときはwereとwouldを使うって話

If I were him I would ~
もし私が彼だったら~

前に調べてたのにとっさには言えないね

【第2回】フィリピン留学8日目
help + (to) 動詞の原形 helpの後に動詞が来ててよくわからなかったので調べた he could help make t...

 

頭に不定詞の文

慣れてないので慣れるために書き出し

to enter is difficult but to graduate is easy.
入るのは難しいけど卒業するのは簡単です

日本の大学の説明をするのにこういう風に言えるんすね
 

比較級の練習

慣れてないので書き出し

I need to do more homework than my brother.
私は弟より宿題をする必要がある

more ○○ thanの部分って形容詞だけしか使えないと思っていたら名詞や副詞も使えるのね知らなかったのでメモ

あ、副詞はbigger thanってerつくわ…

それに

more than + (名詞・形容詞・副詞・動詞・節)
「~は余りある、十二分に、~どころではない」

ってmore thanで間に何も挟まなくても「大変だ」って感じで使えるみたい

more than の意味 , more than の使い方・英語例文

 

consonantsの発音

発音をするconsonants(子音)としないのがあるって

/p/(声に出さない)と/b/(声に出す)

/p/(声に出さない)
プって口を閉じてた状態で口を開けるときに出る音
ほぼ破裂音?
舌と喉は使わない

/b/(声に出す)
ブッって小さく発音する
口の形とかは一緒

 

/t/(声に出さない)と/d/(声に出す)

/t/(声に出さない)
トゥって破裂音出す
舌をgum ridge(上の歯茎?)につけて発音するときに離す

/d/(声に出す)
ほぼ一緒でドゥって発音するだけ

 

/k/(声に出さない)と/g/(声に出す)

/k/(声に出さない)
舌をフラットに少し引くイメージ
引いて喉から「ック」音を出すと時に舌の位置も一緒に戻す

/g/(声に出す)
ほぼ一緒でグッて発音するだけ

 

/f/(声に出さない)と/v/(声に出す)

どっちも軽く上の歯を下唇に当てて息を吹き出す

/f/(声に出さない)
声に出さないでフーって息を吐く

/v/(声に出す)
ブブブブッて下唇を震わせて

continue soundっていうみたいで「フッ」や「ブッ」って発音するんじゃなくて「フーーー」「ブーーー」って小さいツが入らない感じのやつ

 

/θ/(声に出さない)と/ð/(声に出す)

/θ/(声に出さない)
舌を歯に挟んで「スゥー」って音を出す
only airって言ってた

/ð/(声に出す)
舌を歯に挟んで「ズゥー」って発音する

発音しづらい
最後に小さいツが入らないように注意

 

/s/(声に出さない)と/z/(声に出す)

口を丸く突き出して発音

/s/(声に出さない)
歯を閉じた状態で舌は歯の裏側に配置
「スゥー」って息を吐く音

/z/(声に出す)
「ズゥー」って発音する

continue soundっていうやつ

 

/ʃ/(声に出さない)と/ʒ/(声に出す)

/s/とほとんど同じ感じだって

/ʃ/(声に出さない)
「シュー」って舌をどこにもつけずフラットにしろだって

/z/(声に出す)
「ジュー」って発音する

continue soundっていうやつ

 

/tʃ/(声に出さない)と/dʒ/(声に出す)

continue soundみたいで、/s/と同じ口の形みたいだけど舌を上につけて発音する
舌を動かして発音

/tʃ/(声に出さない)
「チュ」って音を出す

/dʒ/(声に出す)
「ヂュ」って発音

これはよくわかんね

 

/m/と/n/と/ŋ/の鼻から音を出す

/m/
「ンー」って鼻から音を出す

/n/
口を少し開けて「ンー」って鼻から音を出す
舌を上につける
/ŋ/
舌を奥の上につけて発音するみたい

よくわかんないけど、mの時は口を閉じて発音してnの時は口を閉じないようにすればよさそう
ŋはちょっと籠らせて発音しとこ

 

/l/と/r/の音

/l/
「ムー」って舌を上の歯につけて発音

/r/
舌巻いて発音

単体での発音が聞いたことなかったので書き出した

 

/w/と/y/の音

/w/
発音しないで口の形だけ丸く突き出しておく
wは添えるだけ

/y/
「ユ」って小さく発音?

単体での発音が聞いたことなかったので書き出した

 

/h/の音

/h/
「フー」って息を吐く感じ

単体での発音が聞いたことなかったので書き出した

 

voicelessとvoiced

発音をするconsonants(子音)としないのがあるって
それと
「voiceless(声に出さない)」は短く発音
「voiced(声に出す)」は長く発音
するんだって

/s/(声に出さない)と/t/(声に出す)
/f/(声に出さない)と/v/(声に出す)
/t/(声に出さない)と/d/(声に出す)
/k/(声に出さない)と/g/(声に出す)

 

最後に来ると止まるstops sound

「t,d,k,d,g,b,p」が最後にくるときは破裂音で止まる感じ
逆に「s,sh,θ,ð,ʃ,ʒ,f,v」なんかはcontinue soundって言って伸ばすんだって

credit card
クレディッ カード

stops soundはちゃんと発音しないことがあるみたいね

文章中にあったときは気を付けた方がいいのかな?