web関連

【git】ローカルリポジトリをリモートリポジトリに合わせて初期化する方法

2021/04/14

ファイルを間違って削除したとか、ファイルを誤って追加しちゃったときにリモートリポジトリに合わせて初期化したかったときの備忘録

リモートリポジトリに合わせてローカル環境を初期化する方法

新しく追加したファイルを削除する方法

リモートリポジトリにはない新しく追加したファイルを削除するコマンド

git clean -df .

git cleanは追跡されていないファイルを削除するコマンド
-dfはディレクトリとファイルの頭文字

例えばリモートリポジトリからクローンしてきたディレクトリに新しくファイルとかディレクトリを追加した上で上記コマンドを実行すると追加したファイル・ディレクトリのみ削除される

削除したファイルを元に戻す方法

リモートリポジトリにはあるがローカルで間違って削除してしまったファイルを復元するコマンド

git checkout .

ブランチを切り替える際に使うcheckoutコマンドにはもう一つ別の機能があり、コミットした状態に戻すという機能がある
その機能を使って.(全てのファイル)を対象にコミットをした状態に戻しているのが上記のコマンド

「projects」配下の「test.txt」を間違って消してしまったけど元に戻したのであれば以下のように記述する

git checkout projects/test.txt

これで「test.txt」を復元できる
たぶん、「リモートリポジトリ=コミットした状態」だからリモートリポジトリに登録されてないものは復元できない

ちなみに、追加したファイルがあったときに上記コマンドを使っても追加ファイルは消えないから消したいときはgit clean -df .コマンドで削除する必要性がある

他にもresetコマンドでも戻せるらしいけど、今回はcheckoutコマンドで事足りたので参考になりそうなリンクを貼っておく

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。