日記

誕生日に重要なのは祝うという気持ち

2021/04/18

作業で毎日のように行くカフェがあんだけどさ
そこの店員さんと仲良くてよくしゃべるんだよね

で、いつも通りカフェに行ったら店員さんの誕生日だったみたいで、同僚のパティシエに作ってもらったらしいケーキを見せてもらって、僕もおめでとーって祝ったんだけどさ

当日に誕生日宣言されたときの対処方法がわかんね…

いや、誕生日だからプレゼントを渡した方が良いことはわかるんだけど、カフェの店員さんにカフェの商品を渡すくらいしか渡せるものがないんだよね

じゃあ、別の日にプレゼントを買って渡そうとするとなんか重くね?
たぶん、向こうもそういうつもりで言ったわけじゃないと思うんだよ

だから、ちょっと悩んで…

気づいたんだよね

誕生日に重要なのはプレゼントすることではなく、祝っているという気持ちを伝えることだということを

というのも「今日は特別な日です!おめでとー!!」って気持ちを伝えることが大事で、プレゼントはあくまでその手段の一つに過ぎないんだよ
だから祝っていることを伝えることができれば、プレゼントという手段を用いなくてもいいと思うんだよね

じゃあ具体的にどうするかというと、普段しない行動を取ることで気持ちを伝えられるんじゃないかと考えた

例えばだけど、普段家事をしない子供が母親の誕生日だからということで家事手伝いをしたら、それは誕生日を祝っていることが伝わると思うんだよ
だって、普段しないことを母親の誕生日にしてれば母親のことを思っての行動なわけじゃん

ってな感じで、プレゼントをしなくても普段しない行動を取ることで、祝っているという気持ちは伝わるはず!

Q.E.D. 証明終了!

で、実際に僕が取った行動としては、ケーキを買った

自分の家族分のケーキを買った

この文面だけ見ると誤解されそうだから補足すると

実は、僕が毎日のように行くカフェってケーキ屋なんだよね
だけどケーキ買ったことないんだよ、毎日行っているのに…

だから、今まで買ったことないケーキを買うことでお祝いの気持ちを伝えることができると考えた

実際喜んでたしね
僕もケーキ食べれて、家族もケーキ食べれて、店員さんはケーキが売れて、みんなハッピー

これ気づいた時、ハッとなったわ
だって、誕生日って聞くとなんかプレゼントを渡すイメージあるじゃん

それなのに普段しない行動を取ることでプレゼントの代わりになるんだもん

子供の頃は肩叩き券とかお手伝い券みたいなの作って渡してたけど、大人になってなんでもかんでもお金で解決してたから、お金をかけずに気持ちを伝えることができるって久しく忘れた気がする

年取るってやーね

まぁ、ケーキ買うのにお金使ってんだけどさ…

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。