日記

ガソリン

勉強とか漫画作って家で引きこもってる二色人です

書くことないからたまにふと考える才能の話するかな

話をするにあたって、僕は才能とは前に進むためのガソリンだと考えている
目標という目的地があって、そこに向かうために才能というガソリンを積んだ車を使うって例えで説明しようかな

イメージしやすいかなって思って前提条件を設定してみた

まず、才能には2種類あるって考えていて
数年前に日記で先天的な才能と後天的な才能というものがあるって話してるけど改めて説明しとくと…
先天的な才能とは生まれ持った環境や身体能力の事を指して、後天的な才能は生きてて何かを好きになる才能って僕は考えている

これを今回の話に当てはめると…

先天的な才能を持っている人は、周りと比べた時に優れた何かを持っていることから自信となってやる気が出たりと外部から前に進むためのガソリンを給油して走ることができる
また、親や周りの人が目標に向かうための手助けや道を示してくれたりと目的地にたどり着くための補助をしてくれたりする

後天的な才能を持っている人は、「好き」から生まれるやる気で、ある程度の量のガソリンを既に積んでおりそれを燃やして走ることができる
しばらく休めば、内側から勝手に湧き出して半永久的に走ることができたりする

僕は、目標という目的地にたどり着く人たち、言い換えるとプロや何かが優れている人たちはどちらかは必ずを持ち合わせていると考えている

でも、ガソリンがあれば目的地に必ずたどり着くわけでもなくて、道に迷ったり、窪みにハマって動けなくなったり、ガソリンが尽きることもあり、車から降りて目的地を目指すことを諦める人も多くいるんだと思う

反対に、車から降りて目的地に向かうため車を自分の体を使って押す行為を「努力」だと考えていて、それは辛い行為で中々進まないことからストレスが溜まるけど、多くの人が遭遇するアクシデントだと思う
※稀に車から降りることなく目的地にたどり着く人も中にはいる

でも、目的地が明確であれば努力だけでもたどり着くことは可能なはずで
最も必要なのは車から降りて車を押し続ける「努力」であると考えてる

まぁ、ここまで書いて何がいいたいかと言うと

「ガソリンよこせ!!!」

英語にしろ漫画にしろ仕事にしろ楽しくないんだよ!!
ただただ辛い、地獄!圧倒的地獄!!

欲しかったものを作るという目的地を目指してずっとガス欠状態で後ろから車を押してって…

「努力しかしてねぇわ!!!」

何年もただただ押し続けているから、ありえないくらいムキムキマッチョになってるわ!!

とにかく、才能を持っているやつらが妬ましくて妬ましくて…
何かをするたびにこの話が頭をよぎるから、1度外に出そうと思って書き出した

まだ、書き足りないんだけどこれ以上書くと挿絵の数や翻訳が辛くなるのでここまでにしとく(#^ω^)