日記

同い年や!

話しやすいとよく言われる二色人です

仕事やお金で悩んでいた時に「試してみるか…」とインターネット上でweb制作について教えますって掲載したら応募が来たので2人ほど会ってみた

1人目(※Aさん)は東京のweb制作会社で営業をしている人で、会社がwordpressを取り扱っていなくて興味があるから来たとのことだった

wordpressの使い方について一通り教えて時間が余ったから東京のweb制作事情について聞いてみた
なんか東京は製作費用が100万円以上は普通だって聞いたことあるんだよねー

で、実際その通りで
僕のいるような地方で40、50万のサイトが東京だと何倍にもなるみたい

Aさん曰く、
お金のある所に売り込みに行くから高くなる
「SEO」という魔法の言葉がある
だって

SEO(Search Engine Optimization)は検索エンジンの最適化を指して、SEO対策は検索したときに上位表示するための施策を色々することなんだけど、SEO対策しますよーと言えばいくらでもお金は吊り上げられるって詐欺師みたいな笑顔で言ってた

実際に100万越えのサイト見せてもらったけど、クオリティはめちゃんこ低かった
デザインとか文句絶対言われると思ったけど、SEOで結果出すからデザインには文句言わせないんだって
魔法の言葉やわー

流石東京

2人目(※Bさん)は派遣でバックエンドのエンジニアをやっている人で、フロントエンドに興味があるということで東京から来てくれた
つか多いいな東京

ぱっと見ヒョロヒョロの兄ちゃんで年下っぽかったけど年齢聞いたらタメだった

この業界に入ってから同い年に会ったことないから興奮した

で、フロントエンドエンジニアとして制作現場について教えたり、東京に住んでいるとのことだったので東京の会社について色々聞いたりした

終始楽しくお話をして、帰り際に僕の事を「話しやすい」って言ってくれたんだよね

特にその時は気にならなかったけど、つい最近会った同級生にも「話しやすい」って言われたの思い出して「なんだろう?」と思ったので少し考えてみた

で、心当たりが一つあって、僕って歴史が好きなんだよね

何を言ってんだ?って思われるかもしれないけど、まぁ待てと、聞けと

ゲームで言うと信長の野望が好きだし、理系が得意なのに日本史やりたくて文系に行ったりするくらい教科としては好きだったんだけど、実は人の歴史ってのも好きなんだよね

アウストラロピテクスとか北京原人とか人類史の話じゃなくて、電車でたまたま横に座った人とか自分の知らない人の持つ生い立ちとか経歴といった歴史が好きなんだわ

割と最近気づいた

だから、その人の歴史を知ろうと色々と質問をするんだけど、それが相手から見れば自分に興味を持ってもらえてると捉えられて、何かを話せば好意的な反応が返ってくるから話しやすいんじゃないか?と思った

実際、初めての人と話す時は僕が7~8割振ってるしね
ちゃんと言葉のキャッチボールをしたいんだけど、相手は自分に興味ないことが多いいからそういう割合になっちゃう

もう一つ考える理由として
単純に舐められやすいのかも

昔っから、あだ名で呼びあってた友達が急に呼び捨てしてきたり、部活で後輩に舐められたり、Aさんもちょっと僕を舐めてるのか1の質問に対して10の長々とした回答をしてきて「こいつキャッチボールする気ないな」って思ったし
そんな「舐められ」経験が結構ある

まぁ、接しやすい人柄なのかなって考えれば悪い気はしないけど、距離はちゃんと取ってほしいよね

話は戻って、知らない人に2人会ってみた成果としては、lineの交換をして人脈が2人ほどできたってことかな

漠然と何かを得られると思ってやってみたわけだけど、振り返ってみると得たのは人脈

良いことなんだろうけど、もっと別のものを求めていたつもりなんだよね
何がって言葉としては出てこないんだけど…

何事もやってみないとわからんししばらくは募集し続けてみるかなぁ
なんかみつかるかもしれないしね

頑張ルンバ≡ニ (二二二)